Street dogs & cats

タイのバンコクで野良犬・猫保護活動をしています。 現地での野良事情を伝えたいと思います。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お知らせ

今でも時々訪問してくださる方がいてありがとうございます。

新しいブログはほとんどレスキューについては書いてないんです。
今まで根つめてやりすぎて、精神的に病んでしまったことと
自分の犬たちが、私が外の子をかまいすぎることでおかしくなってしまったことなどで
お休みしてます。でも決してやめちゃったわけじゃないんです。

時々寄付頂くんですけど、もしその際はこちらまでご一報頂けると幸いです。
nail_splash@hotmail.com
スポンサーサイト

| その他 | 12:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ぼちぼち仕事復帰

私事ですが。。。。。

私はアメリカのEZ Flowというネイルメーカーのインストラクターでして、バンコクにある代理店で働いていましたが、数年前に自宅開業させてもらってたんです。でも今年に入って目の調子が悪く、眼鏡してもネイルはどうしても自分が満足できるレベルでできなくなり、6月にネイリスト引退してしばらく何もしてなかったのだけど、どうも何もしないというのは性に合わないみたいです。それに犬猫救うのにもお金要りますもんね。

来月からぼちぼち教えるのだけでも再開しようかなとしてた矢先のことでした。会社から呼ばれて今日行って来ましたら、ちょうど日本人の生徒がいるのでちょっと話を聞いてあげてということでした。その日本人の生徒さんは英語もタイ語も困らないのだけど、いずれタイでサロンを開きたいし、やっぱり専門用語をきちんと日本語で教えてほしいということで半月ほど私がサポートに入ることになりました。将来彼女が開業するとき、私がお手伝いさせて頂くことになりました。私はこういう人を探してたんですよ!

そして、この会社はタイの貧困層の人たちに技術を教えて就職まで面倒みるというボランティアを始めることになり、その第一号グループも今日集まっていたのでそちらにも参加させてもらいました。今日の内容はネイルでなくてブラジリアンワックスという脱毛のほうでしたが。皆、一生懸命で教えがいはありますね。

ということで、やっぱりこの業界から離れられない私です。会社のほうから完全にやめてしまうのはもったいないので指導のみやっていけばと言って頂きました。そうでなくても最近、年齢的にきつくてやめていく人がアメリカでも結構いるそうで・・・

そして、スィートピーの血液検査の結果、BUNは正常値、クレアチニンは3.9まで下がりました(前は7.0)クレアチニンの正常値は0.4~1.5なので、引き続き治療が必要とのこと、まだ退院はできませんがとりあえず安心です。スィートピー、ほんとに良く頑張りました!!

| その他 | 22:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

犠牲者

落ち着きつつあるバンコクです。心配して下さった皆さん、ありがとうございました。 でもまだ夜間外出禁止令は続いていますので油断はできませんが。

でも今回の犠牲者のことを考えると気持ちが沈みます。非武装の人たちがたくさん犠牲になっています。
クリックしてみてください→Bangkok Dangerous

亡くなった方のご冥福をお祈りします。

このデモについて、近所の人が昨日「怖いわよね~。無教養なバカどもが金をばらまかれてあんなことやるのよ、おおいやだ」と私に言いました。この方は富裕層でこういう風に考える人は多いのです。確かにお金につられて参加した人もいます、でも命まで賭けるでしょうか。軍が強制排除に乗り出したときに多くの人は居残ったのです。インタビューで民主主義のために死にますと言った人もいました。

そんな風に考えるなら、その無教養な人々、教育受けたくても受けられないような人々がたくさんいる状態をどうして国は長い間放置してきたんでしょうか。。。って言ったらもう何も答えてくれませんでした。この先、タイはどうなるのかな。。。たくさんの尊い命を犠牲にしたのだから良い方向に変わってくれればいいですけど、まだまだ不安です。

こんな最中でもいつもと変わらず周辺のわんこのお世話はでき、この辺はほんとに平和でした。ダムの皮膚病が酷くなってきて(ダムは一応飼われてますが飼い主が放棄してます)先週から薬をあげてます。
DSC02681 - Copy

DSC02683 - Copy
地肌が傷ついていたのは治りましたが、まだ毛が薄いです。ダムはしょっちゅう皮膚のトラブルがあってかわいそうなのです。

ダムは以前にも書きましたが、元々の飼い主が離婚して引っ越すときに置いていってしまい、近所に住んでる友達である今の飼い主が引き取った犬なのです。でも面倒見てません。具合悪くてぐったりしてるのと昼寝の区別がつきません、いや、もしかしたら知らんふりしてるのかもしれません。ダムの具合が悪くなったり皮膚病が悪化するたびに獣医呼んだり、薬を飲ませてるのは私なのです。ダムもそういう意味で犠牲者です。。。

| その他 | 23:25 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

微笑まなくなったタイ

日本在住の方もご存知の通り、タイは今大変荒れています。私はタイに長く住んでいて、大抵のことでは驚かなくなりましたが、今回のことはさすがに不安になりました。

政府は19日朝、タクシン元首相派「反独裁民主戦線」(UDD)が占拠を続ける首都バンコク都心部に兵士を投入し、UDDの強制排除に乗り出しました。

 UDD占拠地域を包囲していた軍は19日午前8時(日本時間同10時)ごろ、多数の兵士が装甲車とともに、UDD側が築いたバリケードを突破し、占拠地域内になだれ込んだ。これに対し、UDD側も発砲やタイヤを燃やすなどして応戦。銃撃戦によりかなりの犠牲者を出しました。午後になって幹部が解散宣言、逮捕となりましたが、それに不満の人たちが暴徒化し、大型デパートやテレビ局、銀行が放火されました。残りの人たち以外の人も便乗し、いろいろなところで火炎瓶投げたり暴れています。

今日はタイ政府より午後8時より午前6時まで外出禁止令が発令されました。

昨日から少しずつ水や食料を万が一の場合に備えて買いおきしましたが、それを聞いてからまた急に不安になって、もうちょっと買い足しておこうかなと近くのミニスーパーまで行ったらすでに閉まっていたのでセブンイレブンに行ったら、人があふれていました。皆、水やインスタントヌードルなどの食料品をカゴにいっぱいつめて、レジは行列。こんなに多くの人があふれてるセブンを見たのは初めてです。

私の住んでるところは被害もなく、安全なのですが、それでも人々が緊張してるのが今日はよくわかりました。

それでも私は今日も周辺の野良犬たちのお世話をしました。お世話をしながらこの子たちはまだいいよね、って思いました。危険ゾーンにいる犬たち、不安でしょうに。いつもなら誰かしらにご飯もらえてた子もここ数日はもらえなくて飢えてるのではないだろうか、とかどこかに避難できてればいいけど、などと。

駐在員は急遽日本に一時帰国させられてる人もいます。そういう人たちが飼ってる犬はどうなるんだろう。危険ゾーンの人はペットと泊まれるホテルに移動した人もいるけど、すでに満室になった人はペットホテルに預けてるとか。それもできない人とかはどうなるんだろう、置き去りにされるような犬がいないことを祈ります。

タイ人同士で争いなんて酷すぎる・・・同じ国の者同士が殺しあっても何の利益もないのに。
早く平和になりますように。

今日の様子の写真(ロイターより)←クリック!

| その他 | 23:55 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小さな啓蒙活動

少しずつ実を結び始めました!

今日、犬たちの散歩中に、近所の子供3人が野良犬にオヤツあげてるのを見たんです。しかもそのうちの1人はいつも通りすがりに犬を蹴ったりしてた奴でした。娘もいっしょに散歩手伝ってくれてたんだけど、娘もそれを見てびっくり。茶々を持っていた娘がそばに近寄ったら、そのうちの一人がオヤツを分けてくれて、見たらちゃんと犬用のオヤツでしかも私がいつもしてるように細かく切ったものでした。

その後私はタイガーを連れて行ってみました。なにしろタイガーは子供が大嫌いで苦手なんです。特にこの子たちがダメなのです。でも、この頃以前よりは歩けるようになったので、これは子供たちとタイガーが仲良くなるチャンスかもと思い、いそいそと出ていったら、子供たちはまだいました。

「まだ残ってたら、この犬にあげてくれる?」と言ったらそばにやって来ました。タイガー緊張気味で舌をペロペロ、そしてシッポが足の間に入ってしまいました。うーん、やっぱり怖いのか・・・でもオヤツは私の手から食べたので、子供達にタイガーのことを説明しました。怖がりで外を歩けないから今訓練中であること、この犬は噛まないからオヤツをあげてほしいってことをお願いしてみました。みんな、タイガーが大きいから怖がって投げるようにあげてたのだけど、そのうちちょっと慣れたのか、3人のうち1人(女の子)がタイガーの鼻の先にオヤツをもっていったらなんと、食べたのです。
タイガー、すごい進歩です(^^)v

彼らのオヤツをほとんどとってしまったのでお返しに私の持ってたものをあげました。皆、不思議そうに何これ?って。これは私のお手製オヤツ、鶏レバーだよ。嬉しそうにそれを持って次の犬のところへ走って行きました。

こうやってタイガーが少しずつ恐怖症がなくなっていき、子供たちも犬という生き物を理解するようになってくれたら、こんなに嬉しいことはありません。しかしながら、近所の子供はこの3人だけじゃなくて、まだまだたくさんいます。私は毎日少しずつ、子供たちにお手本見せて行こうと思います。そしてできればタイの小学校あたりで講演したいなぁというのが私の希望でもあります。

明日はウタイタニシェルターへ、あさって以降はアユタヤの犬のところへと、今週もまだ仕事がお休みな私は野良レスキューで忙しい。閉じ込められた猫についてはいろいろご意見頂き考え中です。近日中に決定するつもりです。

そしてつい2,3日前に出会った野良猫です。
お腹すいてたみたいでガツガツ食べました。
DSC02265 - Copy
DSC02271 - Copy
今日は会えなかったけど、とっても人懐こいオス猫でした。
背中がちょっと皮膚病っぽかったので、もし今度出会ったら病院連れて行こうかなと思います。

| その他 | 21:52 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。