Street dogs & cats

タイのバンコクで野良犬・猫保護活動をしています。 現地での野良事情を伝えたいと思います。

2009年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

我が家のわんこ紹介③~茶々~

3匹目の家族となった茶々(♀)です。

茶々と出会ったのは2007年の終わりごろ、以前住んでた家、あのマファイたちが殺された場所の近くでした。あれ以来野良犬が私たちの住んでたソイ(タイ語で通りの意味)に入ってくるのを異常に恐れていた私は、茶々を見たときにどうかこのソイに入ってきませんようにと思ってましたが、幸い全く関心がなく、むしろ大通りの方をいつもうろうろしてました。それはそれで心配だったのですが、あるお店の守衛さんがご飯あげたりかわいがっていたことがわかりました。常にうろうろしてるという印象があったので最初はうろうろちゃんと呼んでました。

野良の頃の茶々(首輪は私があげたもの、タイでは野良犬に首輪をしてあげる人が結構います)
699636449_30[1]

697430940_165[1]

年明けて2008年、娘Sが「うろうろちゃんのお腹の横に膨らみがある、腫瘍かもしれないから獣医さんに連れていって」と言い出しました。その頃には私たちは毎日うろうろちゃんにご飯あげてかわいがっていたので心配になり、ついでにワクチンもしてしまおうと獣医に連れて行きました。リードをつけても全く抵抗もせず、獣医でもされるがままだったのでこの犬は誰かに飼われてたことがあるのかもと先生はおっしゃってました。膨らみは腫瘍ではなく、脂肪腫でした。案外年いってるのかもしれないと思ってたら8歳ぐらいと言われました。ワクチンも済ませ元いた場所に戻しました。でもいつもうろうろちゃんが心配でした。ぼーっとしてるところがあるのでバイクや車にはねられたりしないだろうか、とか、誰かに苛められたりしないだろうかなど。うろうろちゃんをウチのわんこにしたいという思いが募り、夫に話してみました。「私の誕生日にプレゼントいらないから、野良犬を1匹飼ってもいい?」と。拍子抜けするぐらいあっさりとOKがでて、うろうろちゃんは私たちの家族となりました。もう「ばいばい」と言わなくて済むと思ったら嬉しくてなりませんでした。

そして名前ですが。。。なぜ「茶々」なんて日本風の名前にしたのかと言うと、マファイの件でお世話になったイギリス人女性のBさんが、きっと私と気が合うだろうと日本在住の日本人女性S子さんを紹介して下さり、S子さんとはその頃すでにしょっちゅうメールを交換してました。S子さんが紹介してくれたあるサイトに保護された「茶々」の話がありました。ある川原にいた茶色の犬がある女性に保護されました。確か茶色だったので茶々と名づけられたのだと思います。どうやら病気で捨てられたようでした。その女性はその犬を連れて帰って面倒見たのですがとき既に遅しで、保護されて18日で虹の橋に行ってしまいました。その「茶々」にこのうろうろちゃんがよく似ていたので名前をもらったのです。その「茶々」の分まで生きてもらいたいという願いをこめて。

我が家にやってきた茶々
DSC00007.jpg

我が家の一員になって1年と10ヶ月、その間、茶々は何回も獣医さんに行きました。さすがに老犬、いろいろ問題はありますねー。去年の10月と今年の6月、2回も前庭疾患による眩暈、吐き気で入院しました。このときは本当に茶々が我が家の犬になってよかったと思いました。路上だったらふらふらして道路に飛び出して車に轢かれる可能性もあったでしょう。我が家の犬になってから発病して茶々はラッキーでした。今年の11月に乳腺腫瘍も見つかりました。今のところは良性なので様子を見ることになりました。

今年6月退院直後
DSC01034.jpg

退院しても歩けなくて、でも外の刺激を与えたくて、友人のわんこのおさがりである車椅子で散歩させてました。
Sと茶々
DSC01039.jpg

その頃、ちょうど拾った2匹の子猫を保護してたのですが、その猫の刺激が良かったのか(猫を見ると興奮するので)車椅子は2,3日しか使わずその後は自力で歩けるようになりました。
DSC01041.jpg

獣医さんからは、また再発するかもしれないと言われました。足は弱くなり転びやすいけれど朝夕の散歩は欠かさず続けてます。足が弱くなっても、転びそうになっても外では足をあげてオシッコをする茶々。さすが元野良の女王だけあって、いまだにこの辺の野良犬も飼い犬も茶々には頭が上がりませんよ。

茶々を引き取るにあたって周りからは「大変だからやめなよ」とか「なぜわざわざ野良犬、しかも老犬を?」などと言われました。こういうことを言う人たちも犬を飼ってるんです。でも私のしていることに全く理解がありません。まあ、理解してもらわなくてもいいけれど。茶々と暮らしたいと思う気持ちに野良だとか、老犬だからなんてことは関係なかったのです。茶々、最初は抵抗して何とか外に逃げようとしてたけど、今じゃすっかり飼い犬で家の中に入るのが当たり前と思ってます。
DSC00095.jpg

DSC00108.jpg


スポンサーサイト

| 我が家のわんこ | 10:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。