Street dogs & cats

タイのバンコクで野良犬・猫保護活動をしています。 現地での野良事情を伝えたいと思います。

2009年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

我が家のわんこ紹介④~タイガー~No.2

塀を越えた犬たち

スノーとタイガーのレスキュー決行は2008年10月24日3時でした。私は現場に向かう前にオレオの遺骨を抱いて「あなたの仲間が無事保護できるように見守っててね」と祈りました。
また吹き矢のSYさんに来て頂くことになり、今回はアシスタントも連れて来て下さいました。SYさんは中に入らずに外の隙間からするということで、2匹に慣れてる私がいつものように呼びかけました。最初はスノーに当てました。スノーがびっくりして逃げたことで、タイガーが警戒してしまい 奥に引っ込んでしまいました。なかなか入り口付近に来てくれなくて困っていたところ右隣の家で飼われてるわんこが出てきて塀の中をのぞきました。それを見たタイガーが入り口まで出てきて塀の中と外とで喧嘩し始めました。今がチャンス!と吹き矢は見事命中。なかなかのアシスタントでしたよ、このわんこ(写真下)
DSC00294.jpg

そしてSYさんたちが塀をよじ登って中に入りました。それからの長かったこと! 当たってからも犬たちが なかなか落ち着かない。もう1時間以上、逃げ回っていて、なんだか無駄なことやっているように見えてイライラしながらも30分以上経過。吹き矢の2人は奥のほうで一体何やってんだろう、犬たちは一体どこに行ったの、なんて思ってたらクレートを持ってくるではありませんか。
「1匹捕まえた」
なんか無駄なことやってるなと見えたのは、実はロープで罠をしかけてたのです。それに最初に引っかかったのはタイガーでした。それからさらに30分。スノーの罠をしかけてるのは手前だったのではっきり見えたのですがあんなので?って感じでした。でもついにその罠に引っかかったのです。そこから逃げ出そうとすればするほど引っかかるように出来ている、見た目ただロープを巻きつけただけなのになんて精巧なんだろうと感心しました。それ以外にも首を押さえるのにY字型の枝を見つけて使ったりほんと、ジャングルの中でも動物が捕まえられそうなプロ技を見せて頂きました。

塀の向こう側はジャングルのよう
DSC00298.jpg

そして、野次馬や夜の屋台の人たちが見守る中、写真のようにケージごと犬たちを出しました。オレオの時と違って左隣の扉の奥に住んでる住人は留守。ここが開くと、犬を出すのは簡単なのです。でも不在なので仕方なく、右隣の家のメイドさんが門を開けてくれたことにより、こんなふうになりました。
DSC00321.jpg
DSC00316.jpg

塀を越えて2匹がこちら側に来た瞬間は感無量でした。これで土砂降りになってもこの2匹を思って心を痛めることもなくなるのだし。怖い思いをさせてしまったけど、これから未知の世界にまた脅えると思うけど、塀の中にいるよりはずっといいのだからね。

そして5時半、オレオを診てもらった獣医に直行しました。薬が効いていた2匹はとってもおとなしかったです。あまりに汚れているのですぐシャンプーしてもらいました。タイガーはウンチまみれでスノーは血だらけ。スノーは捕獲の時か逃げ回った時に肉球を何かで切ってしまいました。
生まれて初めてのシャンプー
DSC00328.jpg
DSC00335.jpg

きれいになってから獣医さんに診てもらいました。あんな不衛生な場所にいたにもかかわらず、2匹ともダニもノミもいなくてきれいな皮膚状態とのこと。タイガーは肺に問題あるし、スノーの肉球の傷は思ったより深くて縫ったので結局2週間入院し、バンコク郊外にあるドッグスクールに連れて行ったのは11月9日でした。

ドッグスクールのオーナーPさんにはとっても感謝をしています。野良犬の社会復帰のためなんて儲かりもしないめんどくさいことを引き受けて下さったのですから。N.Oさんは、スノーとタイガーが人間に慣れてしつけが入れば里親を探しやすくなるからと提案し、スクールオーナーPさんに話をつけてくれたのです。
ドッグスクールで
DSC00395.jpg

ドッグスクールではまず2匹に環境に慣れさせるために1ヶ月は何もさせないことにして、慣れたところで基本的なしつけをしてもらうことにしました。
トレーニング中のタイガー
DSC00787.jpg
DSC00857.jpg

同じ環境で育ってきた2匹なのに、タイガーはすぐに順応して人間に心を開きましたがスノーは自分の殻に閉じこもってしまいトレーニングどころではありませんでした。 (続く)
スポンサーサイト

| 我が家のわんこ | 22:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。