Street dogs & cats

タイのバンコクで野良犬・猫保護活動をしています。 現地での野良事情を伝えたいと思います。

2009年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

我が家のわんこ紹介④~タイガー~No.3

我が家の4匹目

なかなか人間に心を開かないスノーに引き換え、タイガーはいろいろなことを覚えました。私は2週間に1度は会いに行ってましたが、タイガーは私を見るといつも嬉しそうにやって来て家に帰るのが切なくなるほどでした。
Tigerme2.jpg

私は2匹にもらい手がつくように広告をつくり始めようとしたのですが、どうしてもタイガーを誰かに渡すのが惜しくなってしまいました。というのも、実は塀の中にいた頃から私は彼に一目惚れだったのです。そこでいつものように夫に打診。「今の家では無理だけど、引っ越したらタイガーを迎えたいんだけど」。すると夫はどんな犬か見てみたいという。さっそく夫を連れて行き、タイガーに対面してもらうとまんざらでもなさそうな様子。子供たちにも慣れているし、体が大きいけど危険な犬ではないと思ったのか飼ってもいいかなと言ってくれました!

本当ならなかなか人間に心を開かないスノーのほうを引き取るべきなのはわかっているのです。タイガーは人なれしやいし、大型犬だけどきっと欧米人に好まれるタイプの犬でスノーよりは里親を探しやすいはず。でもスノーは我が家に迎えるには問題あったんです。スノーはどちらかというとボスタイプの犬なので、我が家のボス犬茶々とぶつかってしまう。とてもスノーを迎える自信がなかったのです。だからごめんなさい、タイガーだけを引き受けます、ということになりました。

2009年の4月になって現在の家に引越しました。本当ならすぐにでも迎えに行きたいところだったのが仕事が忙しかったりタイミングを逃してしまい、また、その頃路上で子猫を2匹保護してしまうなんてこともあり、やっと迎えに行けたのは8月の中旬でした。嬉しかったです。まさか、あの塀の中にいた犬の1匹と自分が暮らすようになるとは思ってもみませんでしたから。
我が家にて
DSC01293.jpg

オレオ、スノー、タイガーがいたあの土地はその後マンション建設のために取り壊されました。守衛さんの左の鉄格子からオレオとスノーが顔を出していたんです。
DSC00549.jpg
DSC00008.jpg

土地が壊される前に2匹を出すことが出来て本当に良かったと思います。もしあのまま2匹が中にいたらと思うとぞっとします。屋台のおばさんたちは少し離れたところで今も営業しており、私は時々タイガーを連れて遊びに行くのです。おばさんたちはいつも私に感謝し、タイガーに売り物のチキンをくれますが、こうすることができたのもいろいろな人との縁があって実現することができたのです。私一人ではとうてい無理でした。人との出会いに感謝します。

スノーですが、新聞の里親欄に掲載してもらったり人に聞いたりもしましたけど候補者は現れません。ドッグスクールでもトレーナーに噛み付くらしく、もう訓練はしてないようです。犬の心理を考えてトレーニングするようなトレーナーはあのスクールにはいないと思うし、無理いっておかせてもらってる以上、私も何も言えません。ただ、私にはスノーの面倒を見る責任があるのでいつか環境が整ったらスノーを出すつもりでちゃんと考えています。

このようにして我が家には4匹の犬がやって来ました。私は犬が好きなわりに犬の扱いが下手なので多頭飼いは本当に大変と実感しています。でも幸せは4倍といったところでしょうか。ただ、最初にやってきたクッキーにはちょっと気の毒だったかなと思います。自分だけ愛情独り占め~って思ってでしょうけどいつのまにか自分のほかに3匹も増えちゃったんですから。しかも時々猫もいたりするし。。。でも許せよ、クッキー! (終)
スポンサーサイト

| 我が家のわんこ | 22:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。