Street dogs & cats

タイのバンコクで野良犬・猫保護活動をしています。 現地での野良事情を伝えたいと思います。

2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ナムターンを守るために賄賂

ナムターンのことを、今朝も自転車に乗った守衛が猛スピードで追い払おうと追いかけて行きました。ナムターンは私のとこでご飯食べた後に私とタイガーの後からついて来ようとしたところでした。 あんなことしたら、危ないのに。角だから車が来てたらぶつかる可能性もあるのに。。。と腹立つ私

今日、これがチャンスと思い切って守衛に話しかけました。いきなり注意するんじゃなくて、まずは様子見です。
「あの犬、飼い主いないの?」
「いるよ、あっちのたくさん犬飼ってる家にいる犬だから」
だから追い払うのだそう。
でも守衛のいう家のほうは、とっくに聞き込み済みで、あちらでは飼い主がいないというしほんとよくわからないんだけど。でもこの守衛、顔は怖いけど話はできると思ったので「飲むの好き?」といきなり聞いてみた。
すると満面の笑みを浮かべ「好きだよ」って。「後で渡すね」と私。

私はナムターンを守るために賄賂を使うことにしたのだ!!
タイでは何でも賄賂だから、郷に入っては郷に従え、なのだ!!
犬たちの散歩後、もらい物のウィスキーを持って守衛部屋に行きました。夫はアルコールは全く飲まないし、私もウィスキーは好きじゃないからちょうどいい。ウィスキーの入った袋を渡したら中をのぞいてまたもや満面の笑み^m^
そのとき私の後をついてきたナムターンが背後にいたので「この犬、ここにいさせてあげてくれます?ウチにご飯食べに来るだけで何もしないから」と言ったら「はい、わかりました」だって。

これで絶対という保証はないけど少なくとも今までみたいにはしないだろう。この辺の住人の話によると、この守衛はご主人に忠実で真面目だという評判だから話もしやすかったのだ。これからもし何かあっても話しやすくなるのは間違いなし(^_^)v
スポンサーサイト

| 野良事情 | 16:01 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。