Street dogs & cats

タイのバンコクで野良犬・猫保護活動をしています。 現地での野良事情を伝えたいと思います。

2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

犬たちの叫び~バンコク行政シェルター~②

①からの続きです。

母犬と子犬が収容されているケージ。この写真の母犬は私が近づくと威嚇しました。子犬を守ってるんですね。。。
母と子1
子犬がびしょびしょです。。。掃除係りは床掃除のときに子犬に水がかかろうが無関心。母犬が一生懸命舐めています。子犬は長くはもたないだろうと。。。
母と子2
母と子3
母と子3

狂犬病と思われる犬が収容されています。
狂犬病舎1
狂犬病舎2

避妊・去勢済みの犬たちが収容されています。首に赤いリボンが結ばれてます。この犬たちは郊外のシェルターに移送されます。
去勢済み舎1
去勢済み舎2

犬たちの叫びが聞こえたでしょうか。
殺処分がないのに、犬たちはどうしてこんなに恐怖にさらされなければならないのでしょうか。
あまりにも残酷です。


現実を目の当たりにして、あまりのハードルの高さに愕然としました。
自分には一体何ができるだろうか。。。

こんな状況の中で保護活動をしている私の友人タリニー他、タイ人たちには頭が下がります。タリニーは絶望することすらなく、前に進もうとしています。私も自分に出来ることからやっていくしかありません。
スポンサーサイト

| 野良事情 | 00:28 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。