Street dogs & cats

タイのバンコクで野良犬・猫保護活動をしています。 現地での野良事情を伝えたいと思います。

2010年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お寺の野良犬、猫の行く末は

先日書いたお寺の野良犬、猫が危ないのことです。

お寺でP君といっしょに活動してるTさんから電話があって、今いる犬、猫はそのままキープしていいことになったそうです!ただし、これ以上は増やさないという約束でサインさせられたそうですが。

なんでこんな展開になったのかよくわかりませんが、結局あの日、住職はなんだかんだ理由をつけて話し合いをキャンセルし、では次の約束は?と言ってもこれまた曖昧だったらしい。結局、代理の僧侶を通してこういうことだからってことになったのだそうです。きっと住職は話し合いしたくないのでしょう。

でもこの約束、どれが前からいる犬、猫とかってきっと住職はわからないと思うんですが。新しく犬、猫増やすなって、これまた難しい課題です。そんな事情知らない人はどんどん捨てていくわけですから。

いつ彼らが突然気が変わるかわからないから要注意とタリニーはこの若い2人に言っておいたそうです。Tさんなんて私に大喜びで報告してくれたけど、私は決して大喜びすることではないよって言ったのですよ。まあ、とりあえず今いる全員が一掃されないですんだのは良かったけれど。

捨てる人をまずなくしていかないと・・・これが一番難しいですね。今後新しく犬や猫が入ってきたらどうするの?絶対増えることは間違いないよ、そうなったらどうするつもり?考えることはたくさんです。私もこれからこの2人がどうやっていくのか見守っていくつもりです。

飼うなら最期まで面倒みてほしいです
Rama9で発見
いつも犠牲になるのは動物たちなんですよね・・・
お寺猫
スポンサーサイト

| 野良事情 | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。