Street dogs & cats

タイのバンコクで野良犬・猫保護活動をしています。 現地での野良事情を伝えたいと思います。

2010年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

個人シェルターKhlongdogs②+朗報です!

①からの続きです。

トーマス、パポーンご夫妻宅2階すべてが猫チーム15匹のスペースでした!寝るときはお2人のベッドルームだそうです。壁じゅうに棚がくくりつけられていて、猫たちが上ったり下りたり運動しやすい工夫がされていました。プライベートなスペースなので写真はあまり撮らなかったのですが・・・
1階リビングとはガラスドアで仕切ってあり、ここ以降に2階へ続く階段があり猫スペースへ
猫2
階段をのぼろうとしたら、頭上にいました。このように猫たちのために棚を設置したそうです。
猫1
猫3
猫4

ご主人のトーマスさんが一番に考えていることは『動物たちの健康』だそうです。ワクチン接種はもちろんのことですが、食事にとっても気をつけてるそうです。多頭飼いだから食費は安くおさえる、というのではなく、多頭だからこそ質の良いフードを与えて健康を保つ。そうすれば結果的に健康でいるから獣医にかからずにすむからだそうです。

「私達が動物たちに使ったお金を人間に使えばきっと私達は表彰される。でもこれが動物だから関心を持たれないの。」とパポーンさん。やはり、動物より人間を救うのが先でしょうと批判されることも多いそうです。「人間を救いたい人は人間を救えばいい。でもどれだけの人が動物に目を向けてくれるでしょう。特にこの国では。私はアニマルレスキューを続けます。」

「タイの野良の問題は動物じゃなくて人間。人間が動物を捨て続けるからだ。僕が生きてる間には状況はほとんど変わらないだろう。でもこうやって動物たちをケアすることを周りの人に示すことで、ほんの少しでも人が関心示してくれたらいい。改善されるまでの長いプロセスのほんのひとかけらにでもなれたらいいかな。酷いことするのも人間だけど、それを変えられるのも人間だよね。」とトーマスさん。

お2人のこの言葉からもわかるように、心から動物たちを愛しています。彼らの動物たちにかかる費用はすべて『自腹』なのだそう。時々寄付されることもあるけれど、そのお金はパポーンさんが定期的に訪れているお寺の野良犬、猫のフード代にまわすそうです。

パポーンさんたち動物愛護者はタイに動物愛護法を!という署名を集めてプミポン国王に手紙を書いたそうです。(知ってたら私も署名したのに)残念ながら答えはまだかえってきません。「私の友達の中にはあきらめちゃってる人もいるの。でも私はあきらめないわよ、見てよこのTシャツ!」とその日彼女が着ていた赤いTシャツにはDon't give up!とかかれていました。

いつかタイにも動物愛護法が制定される日が来ることを願います!


★嬉しいお知らせです★

ウタイタニシェルターの犬たちの「可移植性性器肉腫」のワクチン代は今日2月15日現在で272頭分の寄付を頂きました。 ご協力頂いた皆様ありがとうございました。

私達の予定をお知らせします。現在ウタイタニシェルター獣医に正確に何頭患っているのかを調べるようにお願いしてあります。早速ワクチン100本を注文しました。それをもって17日にタリニー、獣医師M先生と私でウタイタニに行き、獣医チームに治療を始めてもらい、私が記録を取ります。頂いた寄付金は薬代の他に注射針などの備品やその他の病気の犬の治療、それ以外に、犬たちが無駄に命を落とさないようにするための最良の方法を考え、どのように使わせて頂くか思案中ですので方針が決定しましたらご報告致します。

引き続き皆様のご協力をお願いします。


在タイの方でご協力下さる方は、左のメールフォームにてご連絡下さい。

ゆうちょ銀行に口座がある場合は
記号19000  番号47827311
口座名義 タイ野良犬猫支援の会

他の金融機関から送金する場合は
ゆうちょ銀行
908支店 普通預金 4782731
口座名義 タイ野良犬猫支援の会  です。
よろしくお願いします!
スポンサーサイト

| 野良事情 | 22:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。