Street dogs & cats

タイのバンコクで野良犬・猫保護活動をしています。 現地での野良事情を伝えたいと思います。

2010年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ウタイタニシェルターで

昨日の続きです。。。

VG(可移植性性器肉腫)のワクチン投与の様子です。本当なら前回撮った犬にしてほしかったのですが、そううまい具合にはやってくれないので・・・でも、私たちが用意したカルテにはちゃんと記入されていました。出血が止まった仔もいますし、確実に良くなっていることがカルテからわかりました。

この犬は口にできています
VGdog1.jpg
VGdog2.jpg
辛そうです・・・VGの症状もそうだけど、捕獲されてる様子も・・・犬に恐怖を与えています
VGdog3.jpg
VGdog4.jpg
VGdog5.jpg
VGdog6.jpg
ワクチン投与するために犬が捕獲されるときが一番かわいそうです。犬にとっては恐怖ですよね。何をされるのかわからないし。もっと犬の気持ちを考えてほしいのだけど。。。そんな余裕もないんですよね、ここは。

相変わらず狂犬病のためにウタイタニシェルターに直接持ち込む人がいるそうです。でも、バンコク都以外からは引き受けないことになったそうで、飼い主を説得し、無料で狂犬病予防接種をしてあげるそうです。

次に私たちがしようとしてることは、子犬を自分たちでウタイタニに運ぶということです。収容された子犬はほとんどが死んでしまう状況にあるので、何とか助けてあげたいです。近々バンコク都シェルターに行ってみようと思っています。バンコク都はどういうかわかりませんが、ウタイタニはこのアイディアに賛成してくれています。
スポンサーサイト

| ウタイタニ | 21:57 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。