Street dogs & cats

タイのバンコクで野良犬・猫保護活動をしています。 現地での野良事情を伝えたいと思います。

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

産まれちゃったよ

閉鎖された土地の中にいる黒と白の2匹の犬。
DSC03145.jpg
以前は家があり、この庭で飼われていたと思われますが、いつしか家が取り壊され、犬だけが残されました。
DSC03506.jpg
でもそこを管理してる人がいたようで、ご飯はもらってたようだし、静観してたのですが、先日ご近所さんから子犬が産まれたよと知らされ絶句しました。なぜなら、この2匹はメス犬だったから。あーあ、ヒートのときにオス犬が入り込んだのだなぁ・・・。子犬は全部で8匹。

野良犬に関心のある人はちゃんと見てるんですね、私の友人、オランダ人のMさんに誰かが連絡し、その場所が私が住んでる近くだったのでMさんがすぐに私に連絡してきました。たまたま私はMさんが連絡をくれた前日に、子犬を初めて見たのでした。Mさんは「私が全費用もつから、全頭避妊・去勢するからその土地の持ち主か、管理者か、餌やりさんか探してほしいの。そうすれば私のスタッフを車でそっちに行かせるから」ということでした。

先週から時々見に行ってたんですけどそれらしき人が現れる様子はなく、どうしようと思っていた今日、たまたま外出したときにある人から呼び止められました。それはあのホームレスオバサン!路上で猫を閉じ込めてたアノ方です。

オバサンは私を路上犬の避妊、去勢をタダでしてくれる人と思ってるので、この犬のことを知った3日前から私が通らないかなとヤキモキしてたそうです。なんと、オバサンは餌やりさんを知っているという!餌やりさんがいるという、その場所に連れて行ってもらったらそこはアパートでした。そのアパート管理人によると、あいにくその餌やりさんは田舎に帰ってしまってて、バンコクに戻るのが木曜日以降だということで、私の電話番号を預けておきました。聞けばやっぱり土地の持ち主は犬を捨てて引っ越してしまったらしいです。その土地は既に売りに出してるようですが、買い手が決まれば犬たちは間違いなく処分されてしまいます・・・

できるだけ早く保護してあげたいですが・・・
DSC03502.jpg
DSC03488.jpg
DSC03505.jpg
見づらいですが、黒い子犬たちがお母さんのおっぱいに吸い付いてます
DSC03509.jpg
スポンサーサイト

| レスキュー | 19:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。