Street dogs & cats

タイのバンコクで野良犬・猫保護活動をしています。 現地での野良事情を伝えたいと思います。

2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

呼ばれた気がして

今朝からずっと頭の中にあって離れられない人?がいました。
きっと呼ばれているのだと思って。
それは、ナーン・ナーク(ナーク夫人)。
この方が祀ってあるワット・マハーブットへお参りに行って来ました。

メー・ナーク(ナークお母さん)とも呼ばれるこの女性はバンコクに伝わる民話の主人公で実在の人物と考えられています。

ナークは夫マークが兵役中に難産で子供共々死んでしまいました。ピー・プラーイ(難産で死亡した女性の霊で、悪霊とされている)になるのを恐れ、ナークは手厚く葬られました。
ところが、ナークは夫を愛するがあまり、霊となって家でマークを待っていました。あれはピー(幽霊)だと、マークは村人に忠告されるけれど、ナークは自分とマークの仲を裂かれるのを恐れて近づいた人たちを次々と殺していきます。最後にはネーン・チウ(チウ少年僧)と呼ばれる高徳で霊感の高い少年僧が現れ、ナークを退治するのです。

・・・とまあ、こんな話ですが、この話は何度か映画化されてるほど有名な怪談話です。そのメー・ナークがいるお寺に今日久しぶりに行って来んですけど、数年前にもこういうことがあり、その時はまったく初めてで、なぜ彼女のことが頭から離れられなくなったのかわからなかったんですが(映画を見たわけじゃないんです)行かなければならない気がして、タイ人に連れて行ってもらったのです。

お参りしてちょっと一安心しました。ついでというわけじゃないけど、私にはお願いすることがあったので、それもお願いしてきました。タイ人からは、願いが叶ったら必ずお礼をしてくださいと言われてます。しないと祟られるそうです。写真はきっと撮ってはいけないだろうと思ったので撮りませんでした。メー・ナークの像は毎日服を着替えさせ、髪を梳いて、口紅をつけ、香水をふってあげるお世話係がいるんですよ。今日はメー・ナークからいい気をもらいました。

その寺院で見た光景です・・・あー、現実に戻って、この野良たち。やっぱりお寺に捨てていく人が多いのだそうで・・・。
とっても人懐こい猫たちでした。持って行ってよと言われたけれど・・・
DSC03754 - Copy
DSC03756 - Copy
屋台の売り物の上にのっかってます
DSC03759 - Copy
ある一角で餌やりさん発見
DSC03761 - Copy
猫たちが食べてるのを恨めしそうに見る犬たち。手前の仔は皮膚病が酷くてかわいそうでした。
DSC03762 - Copy
猫たちは避妊・去勢してあるとのことでちょっとホッとしました。
犬は別の人がご飯あげてるからと、シッシと追い払うオバチャンでした。

こんな格好・・・
DSC03758 - Copy
帰る時の歩道橋で出会った野良わんです。同じように歩道橋で道路を渡ったところが何とも笑えました。階段の途中で休みながら渡ってました。
DSC03764 - Copy
DSC03765 - Copy
また見てしまいました。でも今日はどうすることも出来ずに帰って来ましたが、メー・ナークと同様、私の頭から離れないんです。。。はぁ、ため息ばっかり。
スポンサーサイト

| 野良事情 | 18:39 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。