Street dogs & cats

タイのバンコクで野良犬・猫保護活動をしています。 現地での野良事情を伝えたいと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ジェリーの里親さん決定

Jerry.jpg

昨日、タイ人のカップルがパピーを見に来ました。彼らにはすでに先住犬がいるとのこと。シニアなので、元気のいいパピーとはどうかなと思ったのですが、とりあえず会って話しをしました。

先住犬は捨て犬だったそうで、現在10歳ぐらいとのこと。このパピーの写真を見たときに、自分の好み(白くて毛がふさふさ)だったので、もし、先住犬が受け入れてくれるなら引き取りたいと思ったそうです。「タイの路上にはたくさんの犬がいるのだからお金出して買う必要はないです」、というその言葉も気に入りました。といっても、彼らに経済力はあります。

いろいろと話をしてるときに、ジェリーがあまりにもハイテンションになって彼女にぶつかってきたときに、彼女が「シッ」といってジェリーの首をちょんとつついたので、「シーザーミランが好きですか?」と聞いてみました。シーザーを実践してる人は必ず「シッ」といって首のところをつつくのですぐにわかります。「大ファン。番組も見てるし本も全部読みました。以前はゲートを開けて犬だけで散歩させてたのだけど(典型的なタイ人のやり方)、シーザーに出会ってからそれではいけないとわかり毎日散歩してるの。リードになれてない先住犬は私の足に噛み付いたけど、それでも毎日続けてるわ」
嬉しくなりましたヽ(^◇^*)/ 散歩が一番のコミュニケーションなのにタイ人は犬の散歩をさせる人は少ないのです。

そして、そのハイテンションでぶつかっていったジェリーにすると決めました。やっぱりオス犬がいいそうで、そうなるとトミーかジェリー。ふさふさ好きの彼女が選んだのはやっぱりジェリーでした。

本来ならお届けするのですが、彼らは我が家の近所だったので何かあってもすぐに行けるし、一応トライアルということで、そのまま連れて帰ってもらいました。ジェリーは別れ際、何となく緊張した顔でその顔見たらなんとなく心がちくんとしました。

ジェリーの里親さん(顔出しOKとのこと)
DSCF0771.jpg

今日、電話してみたら、先住犬とうまくやってるそうでおそらくこのまま彼らの子になるでしょうъ( ゚ー^)

そして、今日の夕方ソムちゃんを退院させて我が家に連れてきました。もう元気なのに病院にずっと置いておくのはかわいそうだし、猫は犬よりずっと楽なので我が家で一時預かりです。ソムちゃんは息子の部屋にいさせることにしました。親子猫といっしょにはしません。緊張して疲れたようです。
at home 14Jun
担当医のN先生の今日の言葉「ソムはものすごく人懐こいからきっと人間と生活していたと思います。そして病気だから捨てられたのだと思います。無責任ですよね。タイ人でも野良犬も野良猫も誰かからご飯もらえて幸せだと思ってる人が大勢いるのですよ。」
スポンサーサイト

| レスキュー | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://streetdogsandcats.blog111.fc2.com/tb.php/104-2835ed88

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。