Street dogs & cats

タイのバンコクで野良犬・猫保護活動をしています。 現地での野良事情を伝えたいと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あるお寺で

保護活動してる友人のタリニーさん(Pic-A-Pet4Home代表)にあるお寺に連れて行ってもらい、そこでいろいろな方にお話を伺ってきました。
Wat Ladbuakhao

Wat Ladbuakhao 2

このお寺には犬や猫を捨てる人があとをたちません。
現在、犬100匹、猫50匹ほどがいるそうですが、午前10時過ぎだったので暑いせいか表に出てこない仔もたくさんいました。
犬と猫が仲良しです。
DSC01465 - Copy

DSC01480 - Copy

この子犬たちは全部で11匹まとめてつい最近お寺に捨てられました。
DSC01468 - Copy

DSC01467 - Copy

DSC01474 - Copy

どこのお寺にも大抵犬や猫がいますが、動物たちがそこで生きていかれるかどうかはその寺の住職や檀家次第のようです。住職が動物嫌いなら排除してしまいます。
このお寺の住職は犬が嫌いなので定期的に行政に捕獲を依頼してるそうですが、動物愛護者たちが何とか命を守っています。
動物愛護者である男女2名がちょうど餌やりに来てたのでお話しすることができました。
二人は3年ほど前からこのお寺で動物たちの面倒を見ています。病気の仔や怪我した仔はできる範囲で獣医さんに連れて行きます。男性は郊外にシェルターを持っているので、何匹かはそちらに移動させました。避妊・去勢は捕まえられる仔たちはすべて済んだそうです。こんなにいいタイ人もいるんですよね。。。
それでも捨てていく人が多いのでなかなか犬・猫の数が減らないのです。
DSC01475 - Copy

DSC01481 - Copy

DSC01484 - Copy

お寺で掃除しているオバサンは、捨てに来る人を見つけると叱っているそうです(が、大抵は無視されるそう)また、お寺に隣接された学校の教師がこの前車で犬を当ててしまったそうです。それはどう見てもわざとに見えたのでオバサンは怒鳴りつけてやったそうです。私は思わずさすが~と拍手しました。

こんな犬もいます
DSC01488 - Copy

こんな猫もいます
DSC01487 - Copy

ここのお寺の犬、猫はとっても人懐こい仔が多いです。社会性が身についているので飼いやすそうです。犬と猫が仲良しなので、もし、私に犬がいなかったらここから犬と猫を数匹お持ち帰りしたでしょうね~。

数々の動物虐待、殺処分について今日も聞きましたが、動物の命を守るためにタイにも動物愛護法を作ることはできないのかと問いかけてみましたが、今のところ無理だと。理由は政治家は誰も動物ごときに興味を持たないし、自分にとって利益がなければ動かないからだそう。。。

話を聞いていたすぐそばに2台の車が入ってきました。犬たちが数匹うろうろしてるのだからもう少し注意してくれればいいのにスピードを落とさずにやってきて私たちのすぐそばで停車しました。中から出てきたのは若い僧侶たち。。。ちょっと注意してよーって思わず声が出てしまった私です。

それでもこのお寺にはまだ頑張って命を守ろうとする人達が数人いるだけでもいいほうなのでしょうね。
スポンサーサイト

| 野良事情 | 16:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No Title

「強運の親子猫 」を拝読致しました。
郷土を離れての愛護活動を同じ日本人として誇りに思います。
お体に気をつけて、頑張って下さいe-319

| jyoumon | 2009/12/13 18:43 | URL |

Re: No Title

jyoumonさん

はじめまして!
保護活動なんてしてると気が滅入ってしまうことの方が多いのですけど
こういう一言で救われます。嬉しいです。ありがとうございます!

| norarescue | 2009/12/13 19:32 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://streetdogsandcats.blog111.fc2.com/tb.php/4-f5e80d97

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。