Street dogs & cats

タイのバンコクで野良犬・猫保護活動をしています。 現地での野良事情を伝えたいと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

重い気持ちでウタイタニへ

先週、こんな事件がありました。

バンコク都より最近ウタイタニに運ばれてきたばかりの犬のチェックを獣医がするので、アシスタントがいつものように取り押さえようとしました。この犬は大型でかなり攻撃的だったそうで、そのアシスタントに噛みついた後、獣医の足も噛みつきさらに暴れたとのこと。

その後犬は死んだ。

という話なのですが、『犬は死んだ』という表現をウタイタニシェルターの人は使ったけど、暴れて噛みついたってことはその場で撲殺されたと思うとタリニーが言うのです。1月にもバンコク都シェルターの職員に噛みついた犬が死んだと聞かされましたが、タリニーはやっぱり噛みついたから職員によって撲殺されたのだと思うといいました。その犬は結局、検査に送られ、狂犬病だと認定されたのですけど。

人に危害を加えると犬はその場で殺されるというのがタイです。

そして、この犬は狂犬病が蔓延してるバンコクから来たばかりなので、狂犬病かもしれないからと死体は検査施設に送られました。この犬が狂犬病だとしたら、その犬舎にいた犬は全頭殺処分になるそうで、タリニーはそうなったら毒殺ではなくて、薬を提供するから安楽死にしてくれと訴えました。

私はこの話を聞いた後、この国で動物保護をやっていくのが正直嫌になりました。いくら私たちが頑張ってもシェルターにいる人間すらこんなでは何も改善されない、とやりきれない気持ちになりました。(でもやめるわけにはいかないのはわかっています)

今日はウタイタニシェルターに行く日で、行けばその犬が狂犬病かどうかがわかる。重い気持ちで現地に向かいました。

結果は狂犬病ではありませんでした。

でもその犬は暴れたために殺されました。放っておいたら他の犬も噛まれたし、何より狂犬病かもしれなかったから、皆、仕方なかったというんですけど、その犬がそこまで暴れるようになった理由が必ずあったはず。様子が狂犬病末期のようであればウタイタニに送られることもなかっただろうし・・・怖かったろうに、痛かっただろうに。今は痛みや恐怖から解放されて走り回っていることでしょう。そのわんちゃんのご冥福をお祈りします。

さて、毛ナシ犬サニーですが・・・こんな具合にだんだん毛が見えてきました。
Sunny1.jpg
Sunny2.jpg

かわいい顔してます♪
でも相変わらず人間が怖いらしく、シェルター獣医の奥さんがボランティアで毎日お世話してくれてるんですが、その奥さんにもまだ懐かないとのこと。

私は手作りご飯と手作りジャーキーを持っていったんですが、私が後ろを向かないと食べてくれませんでした。でも後ろを向いていたら完食しました。1時間ぐらい同じ部屋にいたんですけど、今日の進歩はサニーが居眠りしてくれたことです。前回は警戒して私がちょっとでも動くとびくびくしてましたから。サニーに何があったのかはわかりませんが、よほど怖い思いをしたのでしょうね。私を覚えてもらうために、今度は着古したTシャツでも持っていって部屋に入れておいてもらおう。

VGのワクチンですが、順調に投与は続いています。その様子については次回へ。。。
スポンサーサイト

| ウタイタニ | 00:24 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

撲殺されたなんて、どんなに辛かったか。
その子には何があったのでしょうか?
可哀相でならないです。
ただ狂犬病で無かったのが救いですね。

サニーは薄っすら毛が生えてきてだけでも見違えるように可愛くなりました。
あの子は随分怖い思いをした過去があるのでしょうね。
でも少しずつ慣れてて心が通じる時がくれば応援している私も
本当に嬉しいです。 頑張ってください。

| ワンのママ | 2010/03/11 15:37 | URL |

Re: タイトルなし

ワンのママさん

そのわんちゃんには何もないですよ!
ただ暴れてスタッフと獣医を噛んだというだけです。
それを止めるためと、もしかしたら狂犬病かもしれないと
いうのの両方で殺してしまったんでしょうね。
「死んだ」という表現は間違ってます。「殺した」というべき
なのに。
誰も、詳しくは教えてくれませんでしたが、スタッフはいつも棒を
持っているので絶対撲殺だと思います。
私はその仔を思うと胸が痛みます。
だって、そこまで暴れるには理由があったわけですから。
それに気がつかない人間はいつも動物を犠牲にしてしまいます。

サニーは相当怖い思いをしたのでしょうね。路上でも怖い思いしてたのかも
しれないし、行政に捕獲され収容され、手術され、3時間かけてウタイタニ
シェルターに連れてこられたってだけでも犬にとっては相当怖いですよね。
なんとか心が通じるようになりたいです。

| norarescue | 2010/03/11 17:15 | URL |

サニー、また、写真付きで近況をお知らせくださいね。
本当におびえたこの表情、気になってしまいます。

先日、アコのセッションの報告を受けたとメールでお話しましたが、その際、噛みつくことについても聞いてもらったのですが、噛むしか訴える手段がないんだという返事が返ってきたそうです。
確かにその通りですよね。
鳴いて訴えてもわかってもらえない、じゃあ人間に対しどんな手段があるんだってなったら…。
もちろん、噛むことがいいとはいいませんけど…せつなくなることが多いですね。

| ゆか | 2010/03/15 20:39 | URL |

ゆかさん

3週間毎にウタイタニに行くので、その都度写真撮ってきますね。
いつもあんな顔してるんですよ。ほんの少しでもカメラを見れるように
なったのも大進歩です。最初は顔をあげることもしなかったのでね・・・

噛むしか訴える手段がない・・・あのわんちゃんもそうだったのでしょうね。
きっとずっと何かを訴えてきたのにわかってもらえないから、最終的にそうなって
しまった。狂犬病じゃなかったんだし、理由なしに噛むってことは
絶対にないはずなのに。この事件、私にとっては傷になって残ります・・・

| norarescue | 2010/03/15 23:53 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://streetdogsandcats.blog111.fc2.com/tb.php/48-f2f8d0f2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。