Street dogs & cats

タイのバンコクで野良犬・猫保護活動をしています。 現地での野良事情を伝えたいと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

保護活動始めたきっかけ

私が野良犬や猫の保護活動始めるきっかけとなったのは、以前住んでいた家の近くで出会った野良犬たちが何者かによって毒殺されてしまったことなのです。

駐在員によって捨てられたラッキーを引き取ったことから2匹の犬の飼い主となった私たちはマンションからタウンハウスに引っ越しました。その家のある路地には野良犬が2匹いました。大家さんが「茶色のメス犬はマファイ、黒いオス犬はマコックという名前でワクチンも避妊・去勢もすんでるし、おとなしいから心配しないでね」と紹介されました。そうか、野良犬さんの縄張りに入るわけだから挨拶しなきゃね。よろしくお願いしますよってことでまずは食べ物のプレゼント。以来、毎朝この子たちが我が家の前で待つようになり、ご飯をあげるのが日課になってしまいました。なので、我が家のわんこに威嚇したりもせずうまくやっていけたのです。

マファイ
DSCF0795.jpg

マコック
DSCF0790.jpg

1年ほど経ったある日の朝、たまたまご飯を切らしてしまった私はマファイに声をかけました。「ごめんね、買い忘れちゃったから後であげるね」と。マファイはさみしそうな顔をして私をじっと見つめていました。それが、私が見た最後の生きたマファイでした。自宅での仕事を終えて外に出たのが午後1時ごろ、マファイが我が家の前で横たわっていたので、あれ?と思ってみたら息をしていませんでした。もう心臓止まるぐらいびっくりして、まわりを見たら吐いた跡がありました。吐しゃ物を食べたと思われる鳩とねずみの死骸もいっしょに。ああ、毒殺されたのだ。。。

その数日後から路地の外にいた野良犬、マラ(写真下)の姿が見当たりません。探したけどいない。もしかして。。。そう、私の悪い予感は的中です。
DSCF0798.jpg

マラにご飯あげてた人が死んでいたと教えてくれました。そしてその翌日には、やはり路地外に住んでてよくマファイとガウガウやりあってたシロが殺されてしまいました。
DSCF0797.jpg

それから2週間後にマコックが大通りのほうで死んでいたと教えられました。2週間で4匹もの野良犬が殺されました。私はマファイの死後、近所の人に聞き込みを始めましたが、驚いたことに誰も関心がありません。犬を飼ってる人もいるのに。しかも「ああ、毒食べて死んだのね」ってあたかもよくあることよ、みたいな。犬を殺した人間は近所に住んでるか、この道を毎日のように通る者に違いない。わざわざ遠くから毒殺に来るとは思えない、殺すだけが目的なら野良犬なんてどこにでもいるからです。私はこんな恐ろしいことをする人間が近くにいると思うと精神的にまいってしまいました。当然警察なんかは動いてくれないし、じゃあ動物愛護団体は?とネットで探してメールしてみたけど無反応。でもただひとつだけ親切に回答をくれた団体がありました。
それがSCAD(Soi Cats And Dogs)にいたBさんというイギリス人の女性でした。「残念だけど毒殺というのはタイでは日常茶飯事的にあることなのよ」という一言にただただショックでした。仏教国で生き物には優しい国と思っていたのに。。。そうなのです、まさに当時の私はほとんどの人が抱いてる印象しかなかったのです。Bさんはそれからもずっと私の精神的サポートをして下さり、良き保護活動仲間となりました。

かわいそうなマファイたち野良犬。。。おとなしくて、ただそこにいただけなのに。好きで野良してるわけじゃなかったのに。そこにいるだけの存在が疎ましいのか。殺した人間が許せない!
私はマファイに申し訳なくて何度も泣きました。あの日、なぜご飯を切らしてしまったのだろう。もしご飯あげてたら、もしかしたら毒入りの餌なんて食べなかったかもしれないのにと。それから私はSCADのお手伝いをするようになりました。マファイたちに誓ったのです。あなたたちのような野良犬を守るために私は頑張るからねと。それが亡くなった子達へのせめてもの供養です。
以来、私は野良犬だけでなく野良猫も1匹でも多く幸せにするために活動しています。マファイは今も私のそばで見守ってくれています。
スポンサーサイト

| 未分類 | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://streetdogsandcats.blog111.fc2.com/tb.php/5-843033b4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。