Street dogs & cats

タイのバンコクで野良犬・猫保護活動をしています。 現地での野良事情を伝えたいと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バンコクシェルターでチワワをカモイ(盗む)

今日、この前から延び延びになってた、子犬を自分たちでウタイタニまで運ぶという件で、移送する子犬を選別し、行政獣医に許可をもらうため、バンコク都シェルターに再び行ってきました。

すると、獣医は狂犬病が猛威をふるっているのでボスから引き出しを禁じられてるのだと言いました。この前も子犬が狂犬病で亡くなったばかり。それでは助けられる子も助けられないじゃないの~と悲しくなりました。

でもとりあえず、犬を見てもいいかと聞いたらあっさりOKがでて、「今日はスタッフが誰もいないからね」と一言。雑談の中で、「僕は狂犬病の予防注射してないんだよ」っていうからタリニーも私もびっくりして「どうして?」と聞いたら「めんどくさいから」だと~。獣医のくせに狂犬病予防注射してないなんて、いかにも『仕事してません』というのを物語ってます。

あたりはしーんと静まり返っていました。
バンコクシェルター1
バンコクシェルター3
前に来たときと同じ。皆、諦めの顔をしているのです。 ウタイタニで私と再会をした毛ナシのサニーと同じ目をした子がいました
バンコクシェルター6

パピーのセクションに行くと・・・目が開かないんです
バンコクシェルター5 (2)
この子はずっとこんな格好
バンコクシェルター7
そしてこの小さな子・・・もう助からないでしょう
バンコクシェルター8
バンコクシェルター9
職員がいなくて掃除がされてなくて、糞とフードが滅茶苦茶で、水も泥水のようでした。私もタリニーも猛烈に腹が立ちました。

そのとき、母犬と子犬の中にチワワを見つけました。
チワワ&代理母
チワワ

ものすごくフレンドリーで尻尾を振ってました。そばの雑種の母犬がずっと育てていたようで、チワワはずっとこの母犬にくっついていて、母犬も私たちが近づくと威嚇しました。本当の親子のようでした。

タリニーが、「チワワだったらすぐに里親見つかるのに。。。盗んじゃおうか」と言い出しました。でも狂犬病が怖いので、この犬についての記録を見てもらおうと、あの使えない獣医じゃなくて、その上の獣医に電話で聞いてもらったところ、「健康上の問題があるかどうかははっきり断定できないけど、連れ出してもいいよ。そのかわり誰にも見られないように」と許可が!そのチワワが入っていたケージの記録では3月3日から収容されているとのことでした。幸い職員は誰もいないし、ケージはロックされていませんでしたし、小さいので盗むのは簡単でした。いっしょに収容されていたパピーの目を直視できず、ごめんねと何回も謝りながらシェルターを後にしました。私たちはチワワをカモイ(タイ語で“盗む”)したのです!

強運のチワワ、車の中で・・・この子は一体どこから連れてこられたのか
チワワレスキュー1
とってもいい子なんです!私たちはすぐにタリニーが使ってる獣医に直行しました
チワワレスキュー2
チワワレスキュー3

耳をきれいにしてもらって体を拭いてもらい、この獣医さんで健康状態を見るためにしばらく預かってもらうことになりました。

昔からタイには狂犬病がありますが、今年は死者がもう8人、犬もかなりの数が亡くなっているので、行政もやきもきしているとのことでしたが、そのわりには捕獲時に狂犬病らしい犬とそうでない犬を同じケージに入れているし、シェルターでの収容の問題もたくさん。。。これでは里親探しなんてできませんよ。やっぱり何も考えてないんだね、バカどもが <`ヘ´>

一般のタイ人はここがどういうところなのかわかっていない人がほとんどです。このシェルターはいいイメージを一般人に植え付けているようですがとんでもないです。ここは刑務所といっしょ、終身刑を言い渡されたのと同じなのです。これを伝えていかなくてはならないと思いました。
バンコクシェルター2
あきらかに飼い犬だったわんこ。かわいそうに皮膚病で毛が抜けてしまってます。最後まで私に尻尾を振ってアピールしてました。 犬には何の罪もないのに、人間によって運命が決まってしまうんですよね・・・
スポンサーサイト

| 野良事情 | 23:05 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

このような現状を知らない人が日本にも沢山います。
パネル展に来て涙を流してる人も沢山います。
でもほとんどの人が可哀相だから聞きたくない、見たくないと言います。
私も初めて保健所の中に収容されている子達を見て、助けてあげれない自分が情けなく、目を合わせられなかったですね。
偶然ですが、我が家にも昨日からブリーダーが病気の為に規模を縮小するのに里親を探して欲しいとの依頼を受けた方から応援依頼があり8匹の中からチワワが1匹来ました。

私はブリーダー事体嫌いですが、間に入った方が言うのには、ブリーダーの方は犬舎も綺麗で、予防接種もしていて、犬事態も綺麗にしているし、本人も悪い人間ではないので、手伝って欲しいと言ってきたそうです。

ブログにも載っていたように犬には何の罪もないです。
人間がすべて悪いのです。

それにしても犬舎の不衛生さには腹が立ちますね。
タイの国に対してのイメージがだんだ悪くなって来ました。
皆に知ってもらう為の啓蒙活動も本当に大事ですね。

| ワンのママ | 2010/03/26 10:27 | URL |

Re: タイトルなし

ワンのママさん

偶然ですね、ワンのママさんところにもチワワですか!
このチワワちゃん、健康状態も悪くなさそうだし、社会性も
あるので里親探しはすぐに始められそうです。たったの1匹しか
救ってあげられなかったのが残念です。里親探せそうな子犬を
引き出し、必要とあれば治療もしようと思ってたんですが
狂犬病のためすべて計画がだめになり残念です。

腹立たしいことに、タイの行政は積極的に犬を受け入れるのですよ。
殺処分はないし、避妊去勢もしてあげる、ポストカードまで作って
一般人にいいイメージを与えていることがとっても腹立つんです。
殺処分がないからといって、犬の命を大事にするわけではないし
その上、どんどん犬を受け入れています。なぜそんなことをするのかは
何となくわかってきたんですけど今は公に言えません。
これは保護活動するまで気がつかなかったのですよ。
世間に知らせる、啓蒙活動は大事ですよね。
かわいそうと涙を流して終わるのではなく、そこから行動を起こして
くれる人がもっと増えるといいですね。

| norarescue | 2010/03/26 12:50 | URL |

見るのがつらいです。(TT)

毎回、うかがうたびに胸が締め付けられる思いで拝見してます

日本も大差ないかもしれませんが
あの子犬は何のために生まれてきたのでしょう。
最期をあんな場所でむかえなくてはいけない。
かわいそう過ぎます。

タイという国のことはよく知りませんが
犬を思う気持ちにはかわりないです。

リンク、お願いできますか?
私なりに広めることで、お手伝いができれば。

| うーたん | 2010/03/26 18:25 | URL | ≫ EDIT

よろしくお願いします

うーたんさん

タイは日本人にも人気のある国です。でもほとんどの人が
タイの野良犬は幸せだと思っています。なぜなら路上生活が許され
あちこちで寝そべってる姿を見ますし(日本じゃ考えられませんね)
屋台の人などがご飯あげてる光景が見られるからです。
でも路上生活は決して楽じゃないですよね、病気になっても獣医に
連れていってくれる飼い主もいない、屋台のご飯だって味の濃いもの
ですし犬にとっていいわけないです。蚊やダニも多いし、野良犬の
寿命は短いのです。

そして、こういった行政のシェルターがあり、殺処分しないとはいえ
こういう扱いを受けるのです。あの子犬だって本当なら生きていられたはず。
何のためのシェルターなのか・・・これでは本当に意味ないですよね。

ぜひリンクして下さい。そして私もリンクさせて頂きますね。

| norarescue | 2010/03/26 20:47 | URL |

物ではないんですから、ただ置いていてればいいということではないのに。
野らでいる方がまだ幸せなのかなと逆に思ってしまう状況ですね。
もちろん、野らだって幸せではないですが…。
横たわった赤ちゃん、目の開かないわんちゃん、じっと見つめるわんちゃん達…涙が出てきます。
このチワワには、幸せをつかんでもらいたいですね。

| ゆか | 2010/03/26 23:27 | URL |

ゆかさん

野良でいることが幸せとは思わないけど
あんな状況ならまだ野良でいるほうがマシだと私も思います。
自然淘汰されるのは仕方のないことですが、タイのシェルターは
『殺さない』ということになってて、世話をする人間がいるのだから
もっと大事にしてほしいです。ほんとにただ置いておくだけ、それだったら
安楽死させたほうがまだいいかとも思ってしまう今日この頃です。
病気や飢え(恐怖から食べられない、または強い子にとられて
ありつけない)で結局苦しんで死んでしまうのですから・・・
犬たちの目、辛いでしょう・・・目を合わせることが辛いのです。

チワワちゃんには皆の分まで幸せになってもらいたいです。

| norarescue | 2010/03/27 11:05 | URL |

何とも言えません。
小さなチワワ、他の犬に噛み殺されたりしても、
おかしくないのに。
助けてもらえて、強運としか言い様がありません。
横たわっている、小さな仔…
「可哀想」だけでは済みませんね…ごめんね…

人間は、動物達を、このような扱いをしている事に対してだけでも、
驕った罪深い存在だと、いつも思います。

助けようとしてくださっている事が、
彼等への、大きな力になっていると思います。
いつも、大変な思いをされていて、お辛い事だと思います。

| meg | 2010/03/28 01:02 | URL | ≫ EDIT

megさん

このチワワちゃん、ほんとによく生き延びたと
思いました。収容日が3月3日で、カモイした日は25日で
3週間もあんなところにいられたのですからそれだけでも奇跡のようです。
あの衰弱してる子犬ですが、写真はこの2頭だけですが、他にも数匹
いました。ただひたすらごめんなさいと謝ることしかできないのが
悲しいです。

狂犬病のせいで助けたい子も助けられなくて残念で仕方ないです。
どこに怒りをぶつけていいのやら・・・

| norarescue | 2010/03/28 12:24 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://streetdogsandcats.blog111.fc2.com/tb.php/58-741eeeb0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。